忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 いつ使ってもいつも通り、やればやっただけの答えをくれるOPTIMUS SVEA 123R。一方、どうにも勘所?クセ?コツ?まあ、個性とでも言おうか、NOVAの方は、扱いにストレスがたまる。
 「扱いづらいから使うのやめた」というのは簡単なのだが、それなりの投資もしたし、はずれ個体なのは購入当初から覚悟の上。もう一度、気になっているところをいじってみて、それで改善しなければあきらめようと思い、ちょっとやってみた。
 本体はこれまでにもフィールドストリッピングのレベルとはいえ分解もしてみた。これといった問題は見つからないのに、火力が小さいうえに安定しない。なのに消化のためにボトルを反転させると恐ろしいほど激しく燃焼する。どう考えても本体ではなく、ポンプの方に問題がある。
 ってことで、ポンプを入念にチェックしてみた。空気は正常に送られるし、いわゆるポンプ部分に問題は見当たらない。つまり、混合気を得るための機能に問題はない。となると、あとは燃料を送るホース部か燃料を吸い出すチューブにトラブルの原因があるとみて間違いなさそうだ。
 吸い出しチューブの先端を見てみた。真っ白だったフィルターが黒っぽく汚れている。このフィルターが詰まっていて、燃料を安定して供給できないとしか思えない。で、バラしてみてびっくり。フィルターの黒っぽい部分は不純物なのかゴミなのか、つめでかるくこするととれた。一言でいえば、燃料の吸い出しチューブの目詰まりが不完全燃焼の原因だった。
 使用回数は決して多くないのにもう目詰まり。う~ん...。
 何はともあれ、ガソリンと灯油とで一回ずつ燃焼試験。おお、快調だ。どっちを使ってもきちんと火力が安定する。
 ただ、灯油は古い物のせいか、やや赤火が混ざっている。灯油の質なのか、白ガスの質なのか、あるいは両方をかわるがわる使ったからなのか、要因は定かではないが、燃料の質と早いタイミングの目詰まりとは無関係ではなさそうだ。
 翌朝、朝食をNOVAで作った。といってもレトルトだけどね。炊飯は順調。レトルト用の湯沸かしも快調な火力で行えた。消化のためにボトルを反転しても火力は変わらない。燃料供給が順調に行われている証拠である。
 こうなると、俄然NOVAの評価を上げざるをえない。扱いのコツがわかったとたん、これまでの苦労が愛着へ変わるのだから始末に負えない。SVEAかNOVAか。
 NOVAは灯油のときの燃焼音が静か。比較的安い灯油で火力調整の自由度が高いと、とてもうれしいではないか。ホワイトガソリンよりも燃料の入手も容易だ。
 ただ、SVEAほどのシンプルさではなく、手入れなどの扱いが少々デリケートでもあり、やはり一長一短といったところ。NOVAを灯油専用にするかな。.........おっと、収納庫から感じるひそかな武井君の視線が痛い。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]