忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[161]  [160]  [159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 OPTIMUS NOVA No.82で起こっていた燃料吸い上げホースのフィルターを詰まらせていた黒っぽいものの正体が判明した。
 ちょっと使うだけですぐに混合気の供給が不安定になり、そのままそれが火力の不安定につながっていた。そして、吸い上げホースについているフィルターに、黒っぽい粉状のものがたまって詰まらせる。ここまではわかったのだが、では、その黒っぽい粉とは何なのか。
 1.その粉は金属粉のように見える。
 2.ポンプシャフトがこすれて、塗装がはがれている。
ポンピングのときに、まっすぐに往復運動をしないと、シャフトがふちにこすれるため、黒かったシャフトはアルミの地肌ばかりになってしまう。
 となると、こすれたモノはどこへ行ったか。外側に見えなければ当然シリンダーの中である。
 ということで、シリンダーを分解してみた。すると、ポンプカップやシリンダー内に、オイルに絡めとられた見覚えのあるものがたくさん付いていた。
 要するに、これらがポンピングの際にタンク内に送られ、フィルターを詰まらせていた。と考えるのが妥当のようだ。
 ティッシュを使ってシリンダー内を綺麗に拭き取り、ポンプカップを新品と交換(メンテナンス用に買っておいて正解だった)、シリコンオイル(これは本体購入時に付いていたもの)を塗って再セット。
 で、改めて試してみた。もちろんホースのフィルターもチェック済みである。プレヒートのために燃料を少し出す。ピューッと燃料が勢い良く出る。ああ、そういえば、燃料供給がうまく行かない時には、プレヒートのための燃料もちっとも噴出しなかった。これが正常なんだ。
 で、点火。炎の安定を待って全開にする。調子が良い。こうしてボーッと眺めるのもいいが、せっかくなので、お湯を沸かしてみる。全開にすると期待とたがわぬ炎が上がり、それが安定する。
 ボトルをひっくり返して消化へ。燃料供給がうまく行かないときには、このときに炎の威力が倍増する。ちょっとヤバいくらいに。しかし、今回は炎は一定のまま。しばらく待つと炎が消える。冷えるまで待って撤収する。ホースを外し、ボトルのポンプ部を緩める。これまでは「プシュッ」となっていたのが、今回はない。綺麗に抜けた証拠である。感動した。きちんと正常に動くNOVAはこうなのかと、初めて知った気がした。その後、何度も使っているが、調子が安定している。やはり削れたシリンダー内の金属粉が不調の原因だったようだ。フィルターもすぐにはよごれないし、燃焼状態も実に良い。よしよし。これまでの苦労があっただけに、急にNOVAへの愛着がわく。これからも頼むよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]