忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ひょんなことから、実は今手元にiPad miniがあったりする。

以前から興味はありつつも、手にする機会がなく、決心もつかないままだったのだが。


きっかけは、カミさんのiPhone4が壊れたことだった。
カミさんが機種変更を終えて帰ってきた。妙に紙袋が大きい。カミさんが言うには「ポイントがかなりたまっていて」「キャンペーンをやっていて」ということらしく、iPad miniを取り出したのだった。驚き。

さらに、「Chuckの方が必要性が高いでしょ」と、コレの使用権を私にくれるというのだ。さらに驚き。



ちょっと使ってみた。miniが出た時から、使うならこっちと思っていたが、まさにピッタリ、という感じ。


今はiPad miniでm入力しているのだった。ふふふ。使いやすいじゃないの。


しかも、目玉は他にもある。
WiFiを飛ばす小さな箱。これについては使ってみて改めて。ふふふふふ。
PR
 娘が高校を卒業した。いじめられ、いじめと闘いながら中学を卒業し、高校生活はこれまでの人生の休憩ともいえる高校生活だったように見える。

 進学するでもなく、就職先も決まっておらず、「プー」として当面は生きていく娘である。夢をかなえるべく挑戦を続けることになっているが、どうなるかはわからない。親としては、本人のけじめがつくまでは助言もしながら見守るつもりである。


 ところで、このタイミングで「おおかみこどもの雨と雪」のDVDをカミさんと観た。卒業祝いでアルコールもいい感じに入り、後は寝るだけの状態で、涙するカミさんに叱られながら観た。

 カミさんは、ストーリーの節目節目で涙をながし、はなをすすっていた。睡魔と格闘しつつ、私も感じるところはたくさんあった。


 鑑賞を終えて寝るとき、カミさんが「さびしいね」と言った。庇護すべき対象の自立。ストーリーのお母さんと自分とがダブりまくっているらしい。

 娘たちとの絆は強く感じているが、親が自立させないと、または子離れをしないと後あと(娘が)苦労するので、そんなカミさんの思いも呑込みながら、私としては、娘の成長を見守ろうと思う。

 いまは、生きていくだけで大変な世の中。娘の生命力はまだ儚げで弱弱しく見えるが、実はそうでもないことも知っている。

 親としては、葛藤を抱えながら、娘が自由に羽ばたける世の中を準備して、娘たちに渡したいと思う。






 あ、「おおかみ」だから「駆け回る」のか。







 「今年の抱負はダイエット」だと、周囲に言いふらし、いやがおうにも実行せざるを得ない状況になっているが、なんとなくこれが、ここまでは順調にきている。あくまでも「ここまでは」。

 もっとも、自分史上最高値をたたき出した頃からの減量だから、これくらいまではちょっと気をつければ減って当たり前。因みに、現在まで-4.2kgである。1カ月半でこのペースなら何の問題もないはず。

 ところが、これからが油断ならないところ。体の方もこれからは脂肪を出し渋ってくる。ついでに言えば、昨年末からひきずっていた膝の痛みを鍼灸院に通って直してもらい、おまけに、年が明けてからは別の忙しさのため、ジムへはまったく通っていない。忙しさも終わりそうになったころになって、背中にでっかいおできができたため、これまたジムへ行く日は遠のいている。

 おできも破れて、出るものもおよそ出てきたかな。そろそろ本格復帰か。だがしかし、今年はとっても忙しいのである。
 で、自転車くらい乗らないと。と思い、乗り出したのはコリブリちゃんである。ロードバイクには約7カ月ほどまともに乗っていない。きっとまたポジション出しからだろうし、なにより今の体重でロードバイクに乗るのは拷問とも思えるので、心肺機能のリハビリも兼ねている。


 自転車って、やっぱりいいよなあ。走ることで自分が風を起こし、あるいは自然の風を受けて「走っている」ことを実感できる。これは気持いいことだ。


 仕事の都合もあるので、毎日というわけにはいかないが、これからは停滞しがちな体脂肪にパンチをくらわし、ダイエットの停滞からも脱出を図るのだ。ふふふ。




 おくればせながら、あけましておめでとうございます。

 あ~あ、去年は結局趣味にどっぷりつかることもできず、後半なんか、カメラにもろくに触れない状態だったなあ。

 今年は今年で忙しいことは決定しているし。



 とりあえずダイエット。それが今年のおいらのキーワードさ。


 うどんにハマる...。と言っても、実はハマっているのは「柚子こしょう」だったりする。
 今や柚子こしょうは全国区でメジャーといえる調味料になった感があるが、私は幼少の頃から親しみのある調味料で、オフクロが好きなものでもあった。

 また、ハマっているうどんというのは、「水沢うどん」のような高級なものではなく、私の故郷で一般的だったうどんのスタイルである。

 MANASLU 96を用いて作るシンプル料理のレパートリーにうどんが取り入れられ、目下私の人気ランキングでも、パスタとトップを争うほどに。

 理由はいたってシンプル。「ボリュームたっぷりでカロリー控えめ(インスタントラーメン比)」というところである。しかもインスタントラーメン並みに簡単に作ることができるのもポイントが高い。


 ちょっと凝るときにはネギを炒めて香りを出し、水を入れて湯を沸かす。即席のうどんスープ(粉末)を投入後、鶏肉を入れる。火が通ったころを見計らって、「ゆでうどん」を投入。簡単で美味しく、ボリュームもある食事が出来上がる。ゆでうどんを使うのがいい。

 ここへ柚子こしょうを入れるのだ!!! さすが九州が生んだ調味料。鶏肉との相性が抜群に良い。
 実をいうとこのレシピ、パスタを作っていて思いついたのだった。普通逆なんじゃないかとも思うのだが仕方がない。


 「鶏肉とネギの柚子こしょうペペロンチーノ」なんて、実に美味そうではないか。実際に美味い。
 これも簡単。スパゲッティを茹でながら、鶏肉とネギを炒めて火を通す。ゆで上がったパスタをこれに投入して、まぜるだけのパスタソース、ペペロンチーノをまぜ、さらに柚子こしょうをまぜれば出来上がり。これまた美味いのだ!!!


 う〜ん、なんだか食べ物で盛り上がってしまった。

 しかし実際、パスタよりも油を使わずにすむうどんのほうが低カロリーである。

 そうそう、ご存知だろうが「柚子こしょう」が「こしょう」なのは、ひとえに九州の方言のためである。私も幼少の頃からとうがらしのことは「こしょう」と呼んでいた。
 じゃあ、胡椒のことは何と呼んでいたのか。それは「洋ごしょう」である。おわかりだろうか。



カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]