忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 仕事で知り合った20代の若者と30代の若者。二人とも写真に興味があるとのこと。20代の若者の方は、近々旅に出るのだが、カメラの扱いがいまいちよくわからないというので、それじゃあ、スナップでもやって覚えようということになり、今回私も久しぶりにF3にご登場願うことにした。
 当日、30代がもってきたのはニコンFM10。レンズはセットの35-70ズームレンズである。他方、20代がもってきたのはオリンパスペンS。フルマニュアルで露出計なしのハーフサイズカメラである。
 30代は、「ピントが思うように決まらない」と、過去の写真をもってきたので拝見した。なるほど。ほしいところにピントが来ていない。「試しに今日はこいつを使ってみて」と、私の50mmF1.4のレンズを貸すことにした。ファインダーを覗いた瞬間、「うわ、何これ、見やすい!」と驚きを隠さない。
 20代には、単体露出計を渡し、大雑把な使い方を教えた。
 私は50mmを貸したので、今回は28mmF2.8を使用。久しぶりに街中スナップを楽しみ、今回は同時プリントに出して、出来た作品を居酒屋で見せ合うことに。
 ペンSを駆使していた彼の姿が、みょーに似合っていてかっこよかった。ニコンの30代も、過去の作品とはまったく違う、ちゃんと人に見せられるものに(笑)。要するにレンズの開放F値が暗いため、ファインダーがクリアに見えなかったということ。
 いやあ、しかし、若者がフィルムカメラに執着して使うというのはたいへん結構なことだ。二人とも、「自動だと自分で撮ったという気がしない」というのが理由らしい。なるほど。実に健全な成長過程である。
 あまりに楽しく、新鮮な刺激が三人を襲い、30代は「ボーナスが出たらレンズを買う」といい、20代はいつのまにかフルメカニカル、フルマニュアルのカメラに魅了され、ローライの本など、図書館で借りてきている。
 かく言う私も、しばらく沈静化していた物欲がふつふつと...。ああ、恐ろしい。
 今回のスナップの結果は、後日ホームページを開設しだい、公開の予定。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<< ひかれちゃった HOME iPhone >>
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]