忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[180]  [179]  [178]  [177]  [176]  [175]  [174]  [173]  [172]  [171]  [170
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 KONICA C35 flashmaticというフィルムコンパクトカメラを持って、午後はちょっとばかりお散歩スナップを楽しんだ。雨の降るなかで、ISO100のモノクロフィルムを詰めてお出かけ。
 KONICA C35はハーフサイズカメラなみのボディでフルサイズの写真が撮れる。レンズシャッター式で、レンジファインダーのマニュアルフォーカス、露出計に連動するプログラム自動露出のコンパクトカメラである。
「露出計連動のプログラム自動露出」と言えばちょっとハイテクっぽく聞こえるが、絞り羽根とシャッター幕は同一の役割を果たすシンプルなメカニカル機構のようだ。ピントを自分の意図に合わせれば、露出は自動なので簡単に撮影できちゃうというわけ。
 まあ、プログラムAEでスナップ向き、なんてことならコンパクトデジタルカメラの方が断然有利なんだが、こんな小さなカメラでも、ちょっとしたレンジファインダーカメラを使っている気分を少しは味わえて楽しい。

 ただし、絞りを意図通りに変化させることができないし、近接撮影もできない。最短撮影距離は1mくらいのようなので、やっぱりお気軽スナップ用で、ちょっと丁寧にやろうと思うと、やっぱり一眼レフの方が頼りになる。

 今日も、「あ、この情景をこんな風に撮りたいな」と思っても、C35ではついてこれない場面がちらほらあった。これを使うときには、そういうことを頭に置いておくことが必要のようだ。


 ホームページにアップしたが、写りはなかなか侮れないようだ。今日は雨の暗いところの撮影が多く、開放絞りが多かったようだ。周辺の光量落ちがそれなりに目立った。
 それでも中心部分はそれなりにシャープに写る。これはこれで楽しいじゃないか。巻き上げレバーも一枚板で、Nikomat FTnと同じような雰囲気。この巻き上げの感触がスムーズでなかなか気持ち良い。丁寧に作ってあるもんだと感心した。



 欲を言えば、ボディサイズがこれと同じ程度で、マニュアル露出ができれば文句なしだが、それこそ欲張りな願望かな。
 まあ、コンデジとは違った楽しみ方ができていいね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]