忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[174]  [173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「外めし」と言っても、いわゆる飲食店での「外食」ではなく、「野外で作るメシ」で、外めしなんである。もっとも、私のランチの場合は「外」と言っても建物のなかでやっているので、もっと正確に言うなら「野外を想定して、野外用の道具でつくるメシ」というべきだろう。
 チタンのシェラカップ(ベルモント製)での炊飯を、最近入手した「メタル布巾」をバーナーパッドにすることでクリアして、炊飯にはかなり慣れてきた私。ご飯のときにはちょっとした缶詰やレトルト食品を合わせることで贅沢な一食が確保されるが、麺類となると、これまではラーメン一辺倒だった。
 がしかし、ラーメンという代物はこれでなかなか融通が利かない。一袋では満たされない場合は二袋になる。二袋をいっぺんにゆでるにはそれなりの容量のコッヘルが必要になる。それでもこれまではラーメンだった。もともとラーメン、好きだしね。

 あるとき、娘が「パスタはずっとゆでなきゃなんないものでもないらしい」という話を私にした。
 曰く、「沸騰した湯にパスタを入れて、1分ほど沸騰させる。フタをしてタオルなどで鍋ごとくるんで保温して、指定の茹で時間置けば大丈夫」。
 これはいいことを聞いた。
 パスタには別途ソースや具の調理が必要である。最近はレトルトのソースがあって、ゆでたパスタに絡めれば出来上がるまことに便利なものがある。が、野菜や肉などの具も多少は入れたいときもあるだろう。そうなるとコンパクトストーブ一つでは少々具合が悪いので、ずっと躊躇していたのだった。

 やってみた。

 900mlのコッヘルに水を入れて火にかける。沸騰したら塩少々とオリーブ油を少々入れ、半分に折ったスパゲッティを投入。全体が湯に入るのを確認してからフタをし、約1分ほどしたら、火から下ろしてタオルを巻いてから放置。
 すぐさま、オリーブ油少々をひいた1300mlのコッヘルを火にかけ、ベーコンまたは刻んだウィンナーを投入。写真の野菜は刻んだキャベツだが、試作段階では袋入りで販売されているサラダ野菜を使用。しめじも入れた。
 5〜6分、具に火が通ったころあいには、パスタがゆであがっている(はずの)タイミングになる。ゆで汁少々を、具を炒めているコッヘルに少量投入し、のこりのゆで汁を排出。
 パスタを1300mlのコッヘルに投入し、具とまぜあわせる。このタイミングで火から下ろして、市販のパスタソース(私の場合はペペロンチーノが好き)を投入し、よくからめる。ソースに付属のトッピングを投入してさらにまぜればできあがり。

 意外と簡単。パスタも美味しくゆであがる。シングルバーナーで手軽にできるパスタ。炊飯の場合では、お米の吸水時間が必要だったが、パスタは不要。最初から強火でいける。そういう点ではご飯よりお手軽かも。




 食ってみた。いや、これが驚きの美味さ。試作があまりに美味くできたので、家でカミさんや娘に試食させた。
 「おとん(家ではこう呼ばれている)は、仕事場で、いっつもこんなに美味しいものを食べてたんだ」と、カミさんや娘に恨みがましい目で見られる結果となった。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]