忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163]  [162]  [161
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

武井バーナー製造株式会社さんとこのパープルストーブBC101が帰宅した。昨年末に問い合わせ、新年早々入院していたのだ。10日前後の入院期間である。

 そもそも入院の理由は、赤い炎が混ざることであった。ニップルからのガスの噴出がバーナープレートとの関係で若干曲がっていたものと思われる。
 帰ってきた101を早速プレヒートして点火してみた。ちょいとハンドルをひねるだけで「ゴウッ」と炎をあげる101。「シューーーーーー・・・」という、サイレントバーナーヘッド特有の音をたて、青い、繊細ながら力強い炎が夜の暗いなかで映える。SVEAやMANASLUのような「ゴォーーーー・・・」というやかましさはないが、この「シューーー」という音も、これはこれなりに大きい。

 あ、そうだ。ソロの調理用にはでかくて重く、あまり向かないと感じていたが、ヒーターをつけて、暖房器具としての活用なら他の追随を許さない信頼性があるというもの。修理に出したときにヒーターを買っておいたのだ。試してみようと乗っける。
 ん?すぐに赤熱するものと思っていたが、外側のメッシュが赤くなるのは片側だけだ。まだなにか問題があるのかと、ホヤの位置を微妙にずらしたりするも、メッシュの赤熱の偏りは直らない。
 よく見てみると、炎の勢いに偏りがあることがわかった。片側の噴出が強く、炎の角度もちがうようで、これが赤熱の偏りの原因と思われる。

 武井バーナーさんの入院で赤い炎は確かに改善された。だが、この炎の偏りは先の赤い炎が混ざるのと同じ原因のようである。
 再入院かとも思ったが、自力での解決もあるいは可能な気がしている。一応メーカーさんに問い合わせのメールを出し、回答を待ってみるが。




 とはいうものの、ヒーターをつけたパープルストーブ、なかなかあったかいぞ。うんうん。

 でも、
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]