忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[86]  [85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 私の趣味の部屋「Atelier CN-3」、要するに「Chuckの納戸、3帖間」。モノが増えすぎた。もともと、ナイフを作る工房+パソコンを弄る程度の場所であったはずなのだが、「想像と創造をともなう趣味は人間を豊かにする」をモットーに、いろんな趣味に手を出し、結果、それらのモノがここに納まっているのである。
 部屋はすでに飽和状態をこえ、リビングの一部にも侵食(現像用品や仕事の資料など)。家族に白い目を向けられている。
 現在は、ナイフを作る時間とゆとりがなくなる一方、写真用品は増え、仕事の資料は増え、困ったことに。
 そんな折、突然iMacがやってきた。新しいのではなく、CRTディスプレイの、発売当初はすごく話題になったやつ。筐体は「ブルーダルメシアン」。ああ、懐かしい響き。
 ただでさえ自作PC+17inchCRTディスプレイが幅をきかせ、ナイフの材料や工具が部屋中に収納され、作業テーブルにはバイスや常盤が鎮座し、壁にはヤスリやノコがぶら下がり...の状態で、よせばいいのに「くれる」というのでもらっちゃったのだ。これをフィルムスキャンの作業用に充てようと思ったまでは良いが、今の状態ではどう頑張っても無理。というわけで、ナイフの作業スペースを大幅に縮小(実質的には閉鎖)し、大きな棚謙PCデスクを作って、そこに2台のパソコンと周辺機器、仕事の資料などを詰め込んでしまうことにした。
 で、ホームセンターで建材を買って、そこで寸法どおりにカットしてもらい、あとはネジで止めて組み立てることに。低予算ででっかい収納スペースができあがった。
 ちょっと時間ができて、「ナイフを作ろう」と思っても、簡単にいかないほどでかい。が、現実的に考えると、いまのところはそうせざるを得ない。ナイフ製作は、引退後の楽しみにとっておくとして、当面デジタル写真工房謙書斎にすることにしよう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]