忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[85]  [84]  [83]  [82]  [81]  [80]  [79]  [78]  [77]  [76]  [75
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 3,4日、一泊の伊豆旅行へ出かけた。旅のお供なのでE-420があればこと足りたのだが、わざわざブロニカSQ-Aを持ち出した。単体露出計は上手く使いこなせていないし、受光部破損で未修復だったので、RICOH R8を露出計代わりに持って行った。
 R8は、シャッターを半押しすると絞り値とシャッター速度が表示される。撮影するつもりで設定するとAFが遅いのでスナップモードに。そうすると、すぐに状態が分かる。
 R8が意外に便利だったのは、測光モードの切り替えでスポットメーターとしても使えることだった。多分割測光モードもなかなかの出来。
 これなら、わざわざE-420で測るよりも手軽で良い。さらに、不安なときには一度撮影し、画像を再生すれば、好みの露出かどうかを判別できる。
 R8はアスペクト比1:1も選択できるし、ステップズーム機能で35mm換算でのレンズの焦点距離も分かる。
ブロニカのレンズは80mm。35mm換算で言えば約45mmである。なので、R8の方は50mmに設定しておく。ISO感度をフィルムに合わせて、測光モードは基本的に中央重点で。コントラストの強いところではスポット測光やマルチ測光を使い分けてと...。これを「マイセッティング」に登録すれば、電源ONですぐに呼び出せる。
 シャッター半押しで表示された絞り値とシャッター速度から、ブロニカの絞り値、あるいはシャッター速度を希望の数値にあわせて露出を決める。で、バコン!と。
 あらら、もしかして単体露出計よりも便利かも...。R8のケースを、もうちょっと取り出しやすいものにすれば、「プレビュー機能つきの単体露出計」として、十分に役に立ってくれそうだ。
 代打というより、レギュラーになるかも...。
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]