忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 E-420に限らず、はじめて手にしたカメラからずっと、レンズにフードをつけたことはほとんどない。バヨネットフードならば逆さに取り付けておいて運べるが、ねじ込み式のフードの場合、へんにかさばって荷物になるし、その割に効果が実感できなかったことが多かったというのが主な理由である。現在は、E-420用標準ズームレンズにつけている程度で、MFレンズにはつけなかった。
 しかし、現在使っているZUIKO28mmが単層コートのため、逆光には弱い。これにはハレ切りをしてやる必要があるなと思い、ラバーフードを買った。
 さて、買う時に気になったのは、焦点距離の問題である。28mmは135フィルムのスケールであって、フォーサーズなら56mmに相当する。じゃあ、フードは標準レンズ用なら、理屈の上ならケラレないはず。そこで、50mm標準用と銘打ってあるフードを買ってつけてみた。よし。大丈夫。ケラレは無い。日曜日の早朝、逆光の状態などで写りが変わるかどうか、試してみた。
 「?ちょっとはちがうか?」程度の効果。いや、これを「効果あり」と認めて良いものかどうか...。
 フードって、本当にあった方が良いのだろうか。あとで、もうちょっと詰めたテストもやってみたい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]