忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[22]  [21]  [20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 「世の中に魔法はない」と普段は思っている私だが、このサドルにまたがって、摩訶不思議な印象をもった。

 それまではGIANTのバイクに標準で装備されていたサドルを使っていた。もともとロードバイクにはパッドの入ったレーサーパンツを着て乗るのが前提だから、普段着で乗っている私の尻が多少痛いのはやむを得ないことだと思っていた私にとって、この「fizi:k ARIONE(アリオネ)」は大変な衝撃だった。

 「スッ、ピタッ」と腰が決まる。出会いは衝撃的だが、路面の衝撃は実にうまく吸収してくれる。衝撃が心地よく吸収されるからと言って、決してヤワではなく、しっかり尻を支えてくれている。うまい表現が見つからないが、あえて言えばSUBARU車の足回りの感触に似ているだろうか。いままで私が座っていたのは何だったのかと思える程である。

 安心して尻を置けるサドルにまたがると腰が決まる。腰が決まって初めて自分の『悪乗り』のクセが分かって来た。尻からくるストレスのために、あれこれと乗り方を工夫するうちに、へんなクセがついてしまっていたことに気がついた。

 アリオネは、前後にひとまわり長い造りをしている。少々後ろに腰を引いても足の動きは妨げられず、リアホイールにトラクションをかけられるし、減速時の前のめりも緩和される。バイクと自分の重心との位置関係がうまく決まる。結果、操作性が向上し、バイクとの一体感も増した。

 ペダリングの効率も上がり、平均速度が向上、疲労度は格段に軽減されるようになった。まだ長距離を走ってはいないが、アリオネは実に多くのメリットをもたらしてくれた。

 「体重が重いので、頑丈で、後ろ乗りが出来て、あまり高価でないものを」と相談したら、ひいきのお店の店長さんが勧めてくれたのがこのアリオネであった。感謝感謝。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]