忍者ブログ
怠惰な男の多忙な日常
[6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11]  [12]  [13]  [14]  [15]  [16
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 何の前触れもなく、Twitterなるものを始めることにした。衝動的に。ブログすらまともにやらないナマケモノが、こんなことを始めたってすぐに飽きそうなのは、今から想像に難くない。
 第一、何の役に立つのか、まあ、自分が衝動的に独り言でもつぶやきたくなったときにでも役に立つかもしれない。...なんか、こんなのなかったっけ。あ、そうだ。「王様の耳はロバの耳」だ。
 なんてことを考えながら帰宅すると、カミさんが何の予告もなくMacBook Proを買っていた。しかし、事前に私はそのことを知っていた。
 昨日Twitterデビューをしたばかりの私の存在を忘れて、カミさん、見事にツウィートしていたのだ。
 Twitter、便利だ(笑)。
PR
 「禁煙」というと、例えば「ただいま禁煙中」とか、「禁煙に挑戦」とか、「いついつから禁煙しよう」とか、まあ言ってみれば「禁煙を始める」使い方が多いと思う。そして、禁煙の決意にもっとも障害となるのが、私の場合はこの考え方だった。
 どんなことも始まりがあれば終わりがある。つまりは、禁煙を「始める」のは、喫煙が前提の考え方であって、タバコを吸わない人にしてみれば、喫煙を始めなければ何の問題もないことである。
 禁煙を始めたら、そのたたかいが果てしない気がして、いつか挫けてしまうこともある。このときは「禁煙が終わり」となる。
 離脱症状があるうちにそんなことを考えるととてもつらいが、タバコから解放された喜びがあれば、離脱症状などものの数ではない。これは私自身が実感している。
 禁煙という言葉が、そもそもあまりふさわしくないのではないか。言ってみれば「禁煙を始める」のではなく、「喫煙を終える」のだ。何かもっとふさわしい言葉はないかと、「同志」と話をしたことがある。結果、「卒煙」というのはなかなかいいんじゃないか、となった。
 というわけで、誠に勝手ながら、以後、タバコをやめた行為をここでは「卒煙」と呼ぶことにする。
...なんて話をカミさんにした。すると、今度はカミさんがいいことを言った。「ダイエットと同じだね」。う〜ん、なるほど、これは深い。
 一度、ボディビルの地方大会に出るため、20kg絞ったことがあった。これは大会という目標があってやれたことで、期限もあった。つまりは大会が終わればダイエットも終わる。
 が、健康維持のため、あるいは理想の体でいたいために行うダイエットというのは、言うなれば健康への治療行為みたいなもの。リバウンドを繰り返すようなダイエットでは成功とはいえない。
 じっくり、ゆっくり、そして確実に理想に近づけ、健康的、理想的な状態になっても、その体を維持することが苦難無くできるような生活を送ることが肝要か。ダイエットといって、特別なことばかりするのではなく、生活習慣を改めることがダイエットにつながることが順番としては正しい気がする。
 タバコから解放されて20日が経過。以前、ブログで禁煙を宣言したものの、すぐに挫折。これで幾度目のトライになったか。
 「禁煙セラピー」という本を、じっくり、納得のいくまで読み込んだ。
 ほとんど読み終えていたちょうどそのタイミングで、テレビニュースで、「公共の場での全面禁煙の動き」が報道されているのを見て、喫煙者を可哀想に思った。ふと、自分が非喫煙者の立場でこの報道を見ていたことを自覚した。「あ、大丈夫、タバコから解放される」と感じて、すぐさま残っているタバコを捨てた。
 以来20日間、以前に禁煙した時のような強烈や離脱症状や「吸いたい」という衝動にかられることなく過ごしている。
 ところが、自覚していないところで「口さびしさ」はあるようで、間食や「ちょっと一口」が積もり、気がつけばブクブクと...。
 今度はダイエットかあ...。ゆっくりあせらず、リバウンドしないようにやらないとね。
太るのは早いのに、やせるのには苦労する。
 すっかりブログの更新を忘れていた。カミさんは予定通り先月20日に退院し、現在は自宅療養中。
 退院すれば楽になるかと思ったが、実のところそうでもない。術後の治癒を待つため、入院中の延長のようなカミさんの状況。入院中はいろいろと家事をがんばっていた娘たちも、カミさんの顔が見えるだけに緩んでしまい、元の生活に...。そしてカミさんの昼食なども気にはなるし。なんだかなあ...。
 まあ、カミさんの実家が隣で、義母があれこれと面倒を見てくれているので助かっているのだが。
 写真も撮ってはいるが、ここ2週間程、ペースが落ち込んだ。ココロ的になんだか意欲がいまいち湧かないのは花粉症のせいか。とうとう杉デビューのようだ。
 10日は結婚記念日だった。そして、カミさんの手術日。予定通り手術室に入って行き、予定より数時間遅れで、無事に手術室から出てきた。
 切り取られた子宮を、執刀した主治医からの説明の際に見せられた。想像していたよりも小さなそれを見て、なんだか不思議な気持ちになった。
 3人の子がこのなかで文字通り生まれ、この世に出るまで育てられていたのだと思うと、「お疲れさま」と心から感謝というか、妙に愛おしく感じた。一方でカミさんを困らせていたのだが。
 筋腫もみせてもらった。子宮の大きさの割にけっこう大きかった。白玉だんごのような姿。
 とりあえず手術は無事に終わり、術後の経過も順調のようなので一安心。
 これまでだって何か特別なことをしたことはないのに、今年の結婚記念日はなかなかハードだった。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[03/03 Chuck]
[03/03 kurottare]
[03/11 Chuck]
[03/10 MIWA]
[10/08 Chuck]
最新記事
最新TB
プロフィール
HN:
Chuck(ちゃっく)
性別:
男性
趣味:
写真、自転車、ナイフ製作など
自己紹介:
多趣味なナマケモノの日々の思考や生態を自ら観察、研究して暴露する。
と言っても「暴露」するほどすごいことでもないが。
本文は「~である」調で統一する。実際のコメントのやりとりでは「です、ます」調でかくのでよろしく。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]